何はともあれOLのなにか http://webinitiative.net My WordPress Blog Thu, 02 Feb 2017 10:54:35 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 どんな店舗にもメリットがあるPOSレジの導入 http://webinitiative.net/?p=9 http://webinitiative.net/?p=9#respond Wed, 25 Jan 2017 06:43:18 +0000 http://webinitiative.net/?p=9 店舗における会計作業、いわゆるレジ業務は、早い上にミスなく終われることが大切です。
したがって従来行われていた手打ちによる作業は、できるなら避けたいところです。

そのために少しでも早く導入したいのが、POSレジといえます。

具体的にいうとあらかじめ商品名や価格などの情報を登録しておき、
会計の際にはバーコードを読み取ったり商品ボタンを押すだけの作業で済むシステムをいいます。

価格の手入力がありませんから、ミスが発生しない利点があります。

レジの際にお客様を待たせなくて良いのも、大きなメリットです。

そしてPOSレジには、もう一つのメリットがあります。
それはどんな商品がどれくらい売れたかという情報を、正確に把握できる点です。

会計の時点で集計もできてしまうため、わざわざ売上の集計にかける手間も必要なくその労力を売上向上に関するプラン作りに利用できるのです。

POSレジの売り上げ分析機能は、1店舗のみの集計はもちろんのこと多店舗を運営するチェーン形態の企業では各店舗の売り上げをチェックしたり全店舗の販売額を集計する事も可能です。

さらにシステムによっては、在庫管理や発注などができるものもあります。

そんなPOSレジシステムですが、導入するなら店舗に必要な機能が揃いなおかつ使いやすいものを選択する必要があります。

また、導入作業が過度な負担にならないというのも大事なポイントです。

そのためにはインターネットを活用して各社の商品特徴を調べたり必要であれば問い合わせやデモなども行い、最適なPOSレジシステムを探し出す事が大切です。
POSレジの価格もチェックしましょう。

]]>
http://webinitiative.net/?feed=rss2&p=9 0
ポスレジシステムはレジよりも売り上げ好調 http://webinitiative.net/?p=5 http://webinitiative.net/?p=5#respond Wed, 25 Jan 2017 06:41:29 +0000 http://webinitiative.net/?p=5 ポスレジシステムとは、ポスシステムとレジスターが一緒になり、コンビニで導入しているシステムです。

単品ごとの販売・在庫管理が詳細に分かるため、
精算もしやすく、販売時点情報管理と言います。

ポスレジの利用は、今まではコンビニが多く、小売店ではレジスターがあれば会計できるため、必要とされませんでした。

海外では、商品ごとの管理がなされ、売り上げも商品ごとになっています。

これを日本でも取り入れ、行政で進めることになりました。

それが、マイナンバーカードと共に導入されるポスレジのシステムです。
商品管理が大変になることは、以前から懸念され、販売店では、対応を必要とされています。

そこで、導入され始めているのがポスレジシステムです。
今までのレジスターの売り上げよりも上回り、多くの店で導入されています。

初めはコンビニでの利用でしたが、全国に普及していきます。
企業の負担はありますが、商品ごとの管理が厳重になり、販売の仕方も地域によって変化するなど、コンビニでは多く取り入れられてきたことが、他の企業でも見られるようになります。

これから、日本全国に広まることが予想され、小規模な店の導入に心配を与えるという見解もあります。

一つ一つの売り上げ金額が出るため、申告もしやすくなる、という利点もあります。
企業側と国の政策の思惑が、このビジネスに影響を与えているのです。将来を見据え、導入を考える企業が増えていることが、売り上げの状況から見られます。

]]>
http://webinitiative.net/?feed=rss2&p=5 0